髪の悩みを解決

育毛シャンプーの種類とその使い方
汚れだけを落とす
血流と髪の関係
頭髪には皮脂が重要
頭皮には酸素が必要
頭皮にやさしい育毛シャンプー
薄毛の原因は遺伝
薄毛の本当の理由
髪に良い食品
髪はタンパク質でできている
髪に栄養を運ぶ

薄毛の本当の理由は男性ホルモンではない

最も男性ホルモンが分泌される、青年期の男性で薄毛に悩む人は少ないです。
もし、男性ホルモンが原因なら、一番薄毛に悩むのは青年期ということになってしまいます。
男性ホルモンが原因で薄毛になる人の割合はいたって少ないのです。

では、なにが原因なのでしょうか?
ストレス、栄養不足、栄養の偏り、不規則な生活などが引き金となって、薄毛になる場合の方が圧倒的に多いのです。
もっと詳しくはこちらのhttp://www.jamessquirebrewhouse.net/をご覧ください。

その場合、【薄毛は遺伝ではありません】でも取り上げましたが、生活リズムを改めたり、栄養をバランスよく摂取することで改善されます。

母方の祖父から遺伝する、AGAは、全体の4%に過ぎません。
テストロンが血流によって運ばれ5α‐リダクターゼという酵素によってジヒドロテストロンという男性ホルモンに変換されたとき、ヘアサイクルが乱れ脱毛を促すようになってしまいます。
この場合、他の理由で薄毛となった場合と反対に、マッサージによって血流を良くすることは逆効果です。
大量のジヒドロテストロンが流れてしまうからです。

薄毛が気になって頭皮ケアを行う時は、まず不規則な生活を見直すところから始めるのが良いです。

次に、頭皮環境を整えましょう。
発毛剤や育毛剤をいきなり使用しても、頭皮環境が整っていなければ十分に効果が発揮できません。
そこで、育毛シャンプーで頭皮環境を整えることがおすすめです。

育毛シャンプーにはhttp://www.dandreagolf.com/にあるようにいくつかの種類があります。
その中でもアミノ酸系のものが一番頭皮に良いといわれています。
こちらに育毛シャンプーのランキングサイトがありますのでこちらも参考にしてください。

また、育毛シャンプーを使用しているときに、マッサージをして血行をよくすると、より一層効果的です。
ある程度、頭皮環境が改善されたと感じたら、発毛剤や育毛剤を使い始めましょう。