髪の悩みを解決

育毛シャンプーの種類とその使い方
汚れだけを落とす
血流と髪の関係
頭髪には皮脂が重要
頭皮には酸素が必要
頭皮にやさしい育毛シャンプー
薄毛の原因は遺伝
薄毛の本当の理由
髪に良い食品
髪はタンパク質でできている
髪に栄養を運ぶ

髪は肌と同じタンパク質でできている

全く見た目の違う、肌と髪ですが、肌も髪も、タンパク質のケラチンを主成分にしてできています。
ケラチンは硫黄を含むタンパク質の総称です。
ケラチンでできている場所は、皮膚の角質層や髪だけでなく爪も同じケラチンです。
水分と18種類のアミノ酸が結合してできています。

軟ケラチンと硬ケラチンがあり、軟ケラチンが皮膚、硬ケラチンが髪や爪になります。
皮膚の角質層と同じである髪の毛が、軟ケラチンと硬ケラチンに分かれる過程ですが、毛穴の主成分は軟ケラチンです。
毛穴周囲の細胞から作られた毛母細胞が脳を守るため硬ケラチンに変化していきます。

ケラチンの中にはシスチンという必須アミノ酸が14%から18%含んでいます。
シスチンは、必須アミノ酸の中のメチオニンから合成されます。
必須アミノ酸なので体内ではほとんど合成できません。
そのため、外部から取り入れる必要があります。

メチオニンを多く含む食物は、大豆、全粒粉、肉、魚、卵、牛乳などです。
バランス良い食事を心がけ、メチオニンの不足にならないようにしましょう。

また、髪の事を考えるのなら、育毛シャンプーを使用しましょう。
普通のシャンプーに比べて肌への刺激が少なく、栄養も補給してくれるので、育毛シャンプーがおすすめです。
こちらに人気の育毛シャンプーランキング(男性編、女性編)があります。
初めての方はランキングサイトを参考にするとわりと失敗せずに自分に合う育毛シャンプーを見つけられるのでおすすめします。
また、効率の良い使い方がhttp://www.veryer.com/のサイトに載っていますので併せてご覧ください。