髪の悩みを解決

育毛シャンプーの種類とその使い方
汚れだけを落とす
血流と髪の関係
頭髪には皮脂が重要
頭皮には酸素が必要
頭皮にやさしい育毛シャンプー
薄毛の原因は遺伝
薄毛の本当の理由
髪に良い食品
髪はタンパク質でできている
髪に栄養を運ぶ

頭皮には酸素が必要

皮脂や汚れで毛穴が詰まって頭皮が呼吸できずに髪が抜ける…そんな話を聞いたことはないですか?
正しくは、頭皮は皮膚呼吸をしていません。
しかし、頭皮には酸素が必要です。
頭皮はなぜ、酸素が必要なのでしょう。
そして酸素はどこから運ばれるのでしょうか。

毛が生えるには、毛乳頭の存在が欠かせません。
毛乳頭を毛母が包むように存在しています。
毛乳頭は血液の循環により、酸素や栄養をもらいます。
すると毛母が細胞分裂を繰り返し、成長した毛母は角質化していきます。
この角質化したものが髪の毛です。

健やかな髪を育むためには、健やかな血液の循環が大切です。
酸素の供給が上手くいかなくなり、栄養バランスが崩れると、抜け毛や毛髪が細くなる原因になります。
血液の循環が悪くなる原因は、疲労やストレス、睡眠サイクルの乱れ、食生活片寄や乱れ他色々あります。
血流の循環を改善するには育毛シャンプーが良いでしょう。
育毛シャンプーにはいくつかの種類がありますので、
種類ごとの特徴がまとまっているサイトhttp://www.saudibiosoc.com/を一度ご覧ください。

また、頭皮が固くなってくると、血流が上手くいかなくなります。
健やかな頭皮のためには、頭部のマッサージも効果があるかもしれません。
育毛シャンプーで洗いながら、頭皮マッサージを行うのがとても効果的です。
頭皮マッサージのやり方はhttp://www.soulclipse.com/を参考にしてください。

また、毎日運動を適度におこない、血流を促すのも髪によいことです。

皮膚から呼吸しないのに、なぜ清潔に保つ必要があるのでしょう。
それは頭皮が炎症をがおこすからです。
毎日洗髪しているのにフケが多く痒みがあるときは、髪が炎症をおこしやすくなっているシグナルです。

フケが乾性の場合、炎症がおこりやすい環境になっています。
フケが脂性の場合、脂漏性皮膚炎になってしまったり、脂漏性脱毛症にかかる可能性があります。
脂漏性脱毛症になると髪が抜け始めます。

痒みがあると、頭部を掻いてしまい、頭皮が傷付く場合があります。
頭皮の傷から細菌が入り炎症をおこす原因となります。
炎症の理由は、頭皮を清潔に保たないだけではなく、頭皮の洗いすぎ、皮膚が敏感なのに強いシャンプーでの洗髪、日中の直射日光による強い紫外線などが考えられます。

血流を健やかに保つ頭皮をアミノ酸入りの育毛シャンプーで適宜に洗髪することが、髪に大切なことなのです。
昔は育毛シャンプーは男性が使うものというイメージが強かったのですが、近年は女性用の育毛シャンプーも増えています。
男性だけでなく女性も使う必要が出てきたのは、家事と子育てをしながら働く女性が多くなってきたからです。