髪の悩みを解決

育毛シャンプーの種類とその使い方
汚れだけを落とす
血流と髪の関係
頭髪には皮脂が重要
頭皮には酸素が必要
頭皮にやさしい育毛シャンプー
薄毛の原因は遺伝
薄毛の本当の理由
髪に良い食品
髪はタンパク質でできている
髪に栄養を運ぶ

血流と髪の関係

髪を一本抜いてください。
均一な太さになっていますか?
太さが揃っていない所は、なんらかの理由で髪の血流が止まるほどではなくても、血流が上手くいっていないときです。
強いストレスや、栄養バランスの偏り、睡眠が上手くいかなかったなど理由は色々あります。

特に強いストレスは、自律神経に影響します。
交感神経と副交換神経がある自律神経ですが、ストレスで、副交感神経が働かないことがあるのです。
副交換神経は、眠りと毛乳頭に栄養を運ぶ役目もあります。
不眠を引き起こしたり、栄養が届きにくくなってしまいます。
根本が細く、毛先が太い場合で四十歳を過ぎていれば、加齢により毛細血管が細くなり、栄養が届きにくくなってきている場合があります。

花王が、2009年3月に発表した日本人の髪と血流に関しての発表をおこないました。
対象は十歳から七十歳までの女性です。
結果は、髪は四十代をピークに細く短くなっていくというものです。
血流良くする方法としては、育毛シャンプーの使用や頭皮マッサージなどがあげられます。
しかし、頭皮への刺激を考えるならば、アミノ酸入りの育毛シャンプーにしましょう。
アミノ酸配合の育毛シャンプーをおすすめする理由はこちらに特徴が詳しく載っていますのでこちらをご覧いただければわかると思います。

こちらには効果的な育毛剤の使い方が紹介されています。
頭皮マッサージ方法も一緒に載っていますので参考にしてみてください。

血流がキープされれば、髪の成長を促す可能性についても指摘しています。
栄養バランスや睡眠バランスを整え、規則正しい生活をおくりましょう。
もしできるなら、ゴールデンタイムとよばれる二十二時から二時までの四時間だけは眠れるとよいです。
とはいえ、生活する上でストレスを受けたり、規則正しい生活が送れなかったりします。

ストレス解消や安眠のために、軽い運動をしたり、寝室にラベンダーなどの香料を使うのもいいでしょう。
ホットミルクを飲むのもよいことです。
必須アミノ酸である、トリプトファンの働きで、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促し質の良い眠りをとりやすくなります。
ミルクの中のカルシウムも精神を安定させます。
夕食で小魚やヒジキからカルシウムを取るのもよいことです。
四十を過ぎたら、外食を豆、野菜、魚中心の和食に切り替えたり、油類や肉類をなるべく減らすなどの工夫をこらしましょう。

シナモン、わさび、カプサイシンは毛髪に良い食べ物です。
ただし、わさびは、血液を減らす効果もあるので食べ過ぎは厳禁です。
3.5から5g程度の摂取にとどめてください。

育毛シャンプーを使用したとき、頭部のマッサージも同時に行うとも血行に有効です。
ですが、力を込めてやり過ぎると逆効果になります。
マッサージ方法はhttp://www.epartnersolutions.com/に詳しくかいてありますので参考にしてお試しください。
また、AGAの男性の場合、血流が増えると脱毛を引き起こす、テストステロンを余計に運んでしまうので逆効果になります。